全国版快楽温泉裏ガイド

By | 2018年1月15日

全国版快楽温泉裏ガイド

司書房 2005年 980円

温泉街特化版の裏風俗ムックなんだが、これはかなりレベルが高い。私の所蔵している温泉街裏風俗資料としてはもっとも価値が高いものだ。サイズがA4で巻頭34pはフルカラー。各ページにきちんと現地で撮影された写真が使用されており、かつエロ本素材(女のイメージカット)は使用していない。それぞれの温泉街詳細ページには3流エロ本の体験談的な文章が入っているのだが、私が判定する限りでは、きちんと取材して書かれている感じ。昔誰かが取材したものの焼き直しの可能性はあるが、少なくともデタラメや妄想では書かれていない。写真もストリップ劇場やスナックが並ぶメインストリート、ランドマーク、ゲート、料理(笑)など、見て楽しめる写真が多く、上手に撮られている。

裏風俗ムックの中ではレベルの高い1冊「激撮!覗かれた風俗」があるが、こちらは温泉街が入っていない。なのでこの1冊があれば、合わせて著名な裏風俗地帯を補完することが出来る(立ちんぼゾーンを除く)。

掲載地は、
月岡・石和・山代・菊池・湯の川・牡鹿・浅虫・森岳・天童・いわき湯本・伊香保・水上・塩原・熱海・伊豆長岡・草津・鬼怒川・伊東・上山田・山中・芦原・片山津・柏崎・下呂・形原・皆生・道後・武雄・嬉野・別府・市比野・渡鹿野・浜島

どうですかこれ。湯田中が入っていないくらいじゃないか?
もちろんピンコン・枕芸者など裏風俗の定義と照らし合わせると微妙な業態で掲載されている温泉地もあるのだが、それでもどこにでも転がっている情報ではないので、価値ある1冊だと思うのだ。

まあ、あとは古い本なので今使えるんかって話だが、総合的にはまだ賞味期限内だと思う。思い出になっているエリアもあるけど。