実録不夜城―世紀末歌舞伎町のすべて

By | 2017年1月29日

181
実録不夜城―世紀末歌舞伎町のすべて

ワニマガジン社 1998年 750円

「歌舞伎町のありのままを個性派執筆陣がスケッチ」しているムック。ただし98年ものです。

確かに執筆陣がすげえ豪華。

本橋克彦
ハニー白熊
藤木TDC
ブラボー川上
橋本信宏
吉田豪
夏原武
平口広美
菜摘ひかる

…などなど。

98年といえば石原の浄化作戦前だ。あの頃は歌舞伎町だけではなく、各地のネオン街がまだギラギラしていた時。私にとっては歌舞伎町といえばその中でも別格の存在感のある街だった。東京嫌いだけどさ。

マフィアとかキャバクラ、ドラッグとか、すべてが裏風俗のネタではないのだが、当然歌舞伎町だけにリフレッシャー的な話も沢山書かれているんですな。おおむね半分くらいは風俗系のネタかな。例えば以下のようなものだ。

連れ出しスナックに勤務したときの話…菜摘ひかる
ボッタクリ風俗店に勤めた女性の告白 ぼったくる側の論理…華原まゆみ
謎の連れ出しスナックに潜入…平口広美
歌舞伎町ピンサロ純愛物語…松山稔
ゲイの街の真実…冴木敦也
ガキにはわからない大人のサウナ論…松山稔
僕が出会ったコロンビアガール 歌舞伎町で息づく南米社会…赤木太陽
夜に出没するオカマの分類 歌舞伎町に咲く妖しい花…しのP

どうですかこのタイトル。リフレッシャー的にはそそるでしょう? どれもこれもムックにしては内容が濃いです。今とは時代が違いますが、古いネタでも読み応えのあるものを求める人にはおすすめの1冊。