歌舞伎町ぼったくり懺悔禄

By | 2017年8月4日


歌舞伎町ぼったくり懺悔禄
河出書房新社 影野臣直  2008年 1500円

歌舞伎町のぼったくりグループのトップだった奴が書いた本。

著者は2000年前後に捕まって服役して出所してから本書いたり謎のビデオを作ったりしてたと思う。
Kグループっていって「梅酒1杯15万円」の新聞見出しで捕まったやつだな。

その当時、「実録ぼったくり商売」っていうKグループのことを書いたムックがあって、それ読んで、おれもこんなに儲かるなら繁華街で一山当てたいって思ったんだわ(笑)。懐かしいな。
えー、この本の内容はですね、著者がぼったくりやってたころの思い出深いエピソードを抜き出して小説風にまとめたもの。女を使ったぼったくり(ガールキャッチ)がメインだったようで、優秀なキャッチのエピソードとかそんなのが大半。自伝的なものかと思ったらそんな内容ではなかったです。小説風の書き方なので、このへんは好き嫌いがあるかと思います。

しかしこれ全部本人が書いてるんですかね? ゴーストライター?