遊廓へ ――女子ひとりで街歩き

By | 2018年12月9日

遊廓へ遊廓へ ――女子ひとりで街歩き

花房ゆい 柏書房 2018年 1600円

女子による遊郭跡巡りの本。

写真本ですけど写真がメインではなく、文字と写真が半々くらいです。サブカル色やアンダーグラウンド色は無くて、長ったらしい歴史の話もなく、全体的にゆる~い感じで、それでいて教養がそこはかとなく感じられる文章で好感が持てる。いわゆる「行ってきた本」・「見てきた本」ではあるが、文章のおかげでその枠には収まりきらない本になってますな。

写真はiPhoneで撮ったのかな? 欲を言えばもっとちゃんと写真が撮れてたらいいのになあ、、、とは思いますが。でも、本にするにあたってカメラマンが後撮りしたら興ざめですからね。

日本各地の26か所が収録されている。

なお、上級者?による遊郭跡解説本ではないので、そういった内容を求める人には「とても幼稚でレベルが低い」という印象を与えると思います。

遊郭萌えしたい女子にはお勧めですね。私は男子(23)ですけど面白かったですよ。