藤沢新地

By | 2019年4月2日

藤沢新地

布施高志 幻冬舎 2019年 900円

藤沢新地というタイトル見たらマニアならビビッとくると思います。内容はですね、アマゾンのレビューが凄い的確ですので、それをそのまま紹介させて頂きます。

★★☆☆☆ 藤沢新地は出てこない

藤沢新地のそこそこ近所に住んでいた兄弟のお話です。新地のことは殆ど出てきません。小説としても稚拙。

私は本屋で立ち読みしてから買うかどうか決めようと思ったんですが、売ってなかったのでアマゾンで買いました。本当にレビューの通りでした。最後のページに『※この作品はフィクションです。従って登場人物、団体等およびエピソードはすべて虚構です。実在する人物、団体とは一切関係ありません』って書いてました。ノンフィクションだと思ってたよ(笑)。作り話かーい。

それでね、あとがきに『いまや昔ながらの遊郭街『藤沢新地』はその文化的価値を失い、完全に消えて無くなった。』ってあるんですけど、私ね、昨年に藤沢を捜査したんですよ。どっこい消えてなかったんですよ。だから次の次くらいの報告書にしますよ。ノンフィクションでね(笑)。